ABOUT ブルーシーズン・バリ Archives - JP | Bali Scuba Diving, PADI Diving Course & Snorkeling | Blue Season Bali

こんにちは!よしです。バリ島では、毎年7月下旬から10月末の間にマンボウを見ることができ、世界中からダイバーがマンボウダイブを目的に来ています。マンボウはフグの仲間で、体長は2~4mとフグの仲間で最大になる種類です。マンボウとは変わった名前ですが、その由来は諸説ありまして、「満方」、「円魚」が由来という説が有力です。満と円は円い、方と魚はボウが訛ったものと言われているそうです。円い魚というマンボウの特徴をそのまま表したようです。ちなみに、英語名は「Ocean Sun Fish」、英語の学名は「Molamola」、インドネシア名は「Ikan Matahari」でいずれも語源は同じです。                        マンボウ(英名:Sunfish)  マンボウは満月、新月の大潮の時に高確率で現れるとされています。なんだかとても神秘的な魚ですね。普段どこに生息しているのかは未だ謎の部分が多く、生息水深を一定させず、表層から水深800m程度までの間を往復しているとの学術的見解があるようですが、バリ島近傍のポイントにおいては、7月末頃から深海から湧き上がってくる海流の影響で表層の水温が20℃以下に下がり、ダイビングの水深(0~30m程度)でも良く観察できます。その時期は10月末まで続き、ダイバーを楽しませてくれます。このマンボウという魚、大きな体の割に繊細なところがあるそうで、ダイビングの際は5m以上離れる、ゆっくり近づく、触らない、フラッシュを焚かない、クリーニング中邪魔しない、マンボウの行く先を邪魔しない、マンボウの下を泳がないなどの決め事があります。食事は、クラゲ、イカ、エビ、カニ等の甲殻類を好んで食べ、捕食の際は、普段のゆっくりとした動作とは違って素早い動きになるのだそうです。皆さんルールを守ってマンボウダイビングを楽しみましょう!...

こんにちは、ちあきです!最近のサヌールは、しょっちゅう雨が降ります。本来なら、バリ島は4月から10月は乾季なので雨はほとんど降らないはずですが、ここ2ヶ月は、頻繁に夜中から朝方にかけて雨が降っています。雨季の11月から3月までは、雨が降っても不思議じゃないですが、ここ最近の雨は異常気象なのでしょうか、、、、  日本も、今年は凄い猛暑にたくさんの台風と、年々異常気象が深刻化しているようで、少しでも私たちにできる事は積極的にして、温暖化や異常気象を少しでも緩和できるよう心懸けましょう。異常気象とかではなく、私が雨女なのかしら。。。。。。...

2018年マリンダイビングフェアの、インドネシアブースへ、ブルーシーズン・バリも参加いたします。マリンダイビングフェア今年のマリンダイビングフェアーの開催は、4/6、4/7、4/8の3日間となります。 足を運んで頂いた折には、ぜひインドネシアブースも覗いてみてください。さて、それに伴い、ブルーシーズン・バリでは、マリンダイビングフェア特別料金をご用意いたしました。 ご予約可能期間は、4月9日から4月30日までです。 5月1日以降からは、下記の料金ではご予約できませんので、ご了承願います。1.  Cカード取得者のファンダイビング ファンダイブ・マンボウ&マンタダイビング3ダイブ:Rp 2,700,000, → Rp 2,295,000 ファンダイブ・トランベン沈潜ダイビング2ダイブ:Rp 1,650,000 →  Rp 1,400,0002.ライセンスの無い方でも出来る体験ダイビング 体験ダイビング・トランベン2ダイブ:Rp 2,050,000 → Rp 1,750,000 体験ダイビング・パダンバイ2ダイブ:Rp 2,150,000 → Rp 1,850,0003. 5歳のお子様から楽しめるシュノーケリング マンタが見れるかもシュノーケルツアー:Rp 1,350,000 → Rp 1,150,000ご予約の際は、必ず「2018年マリンダイビングフェア特別価格」と記載して下さい。 記載の無い場合は、通常価格でのお申し込みとさせて頂きます。 また、他のスペシャル価格との併用は不可となりますので、ご了承願います。尚、マリンダイビングフェアー当日は、ブルーシーズン・バリのアンケートにお答え頂いた方には、バリ島のナチュラル石鹸で有名な「Alam Zempol」のナチュラル石鹸と香りペーパーのセットを1日10名様までの方へ差し上げます。今年のゴールデンウィークや夏のお休みのご予約に、ぜひともこのスペシャル価格をご利用下さい。会場へ来られた方は、お目にかかれるのを楽しみにしております。...

3月17日(土)は、バリ・ヒンドゥー教の暦、サカ暦の新年にあたる日「ニュピ」となり、バリ島では静寂の日として静かに1日を過ごします。 観光客といえども、外出する事が出来ず、飛行機および船の離発着もありません。よって、ブルーシーズン・バリは、以下のような営業となりますので、ご了承願います。3月16日:14時までの営業3月17日:終日休業3月18日:朝7時半より通常営業尚、上記期間内にメールでのお問い合わせやご予約を頂きましても、お返事が遅れてしまいますので、ご了承願います。ご不便、ご迷惑をお掛けいたしますが、皆様のご理解の程、どうぞよろしくお願いいたします。 ...

皆様、こんにちは。TOMOKOです。バリ島はハイシーズンも落ち着き、今日はまった~りとブログを書いております。アグン山の騒ぎもありますが、南部リゾートはまったく平穏そのまま。何の変化もないので、私の中ではすっかり忘れてしまっているほどです・・・

こんにちは、TOMOKOです。皆さんお盆休みは何をしていましたか?ブルーシーズン・バリは今年も連日たくさんのお客様にお越し頂きました。朝の様子はこんな感じでしたが、またいつもの様にお写真が撮れませんでした。すみません…泣[gallery ids="22841,22842,22839"]特に今年は春休みもそうでしたが、多くの大学生がたくさん来られました。また、たくさんの方がコースを受講してくれました。

ファンダイビングに、エンリッチド・エア・ナイトロックス・スペシャルティコースを追加したお得なパッケージです。
22%~40%のエンリッチド・エア(ナイトロックス)を使って、ダイビングテクニックをマスターします。充填の際にタンク内の窒素の割合を減らして、酸素の割合を増やしたタンクでダイビングすると、『減圧不要潜水時間』(ノンストップ・リミット)がグ~ンと長くなり、窒素にさらされる割合が少ないので減圧症のリスク軽減から医学界も推奨しています。
 

なおこが、 ブルーシーズン・バリで働くことになりました。    現在は、トレーニング中でコントラクトは、8月からです。彼女は、日本に住んだことがない日本人。日本語を話しますが、敬語には自信がないそうです。     なおこは、2017年2月からダイブマスターのインターンを受けブルーシーズン・バリやってきました。僕が、まだインターンマネージャーをしていた頃、なおこにとっての最初の2週間、一緒に潜らせていただきました。彼女は、メキメキ上達してゆき、あっという間にダイブマスター!  来たばかりの時は、まだ若干立ち泳ぎだったあの子がこんなに成長して…うっうっうっ(泣)お父ちゃんうれしいぞぉ!って…ちょっとだけ思ったりして…     その後、インストラクターコースに参加することになり、先月6月に見事合格!     すっかりブルーシーズン・バリっ子の”なおこ”ともども今後ともよろしくお願いいたします。  ...

最近、歩いているといろんなところに花が咲いているのが目ちます。 家の周りに咲いている花、結構綺麗だから、思わず写真撮って名前調べちゃいました。   ・ フランジパニ僕には、この花が、一番バリって感じがするんだけど…皆さんは、どうかな?   ・ ハイビスカスハワイのイメージ強すぎですが、バリにもいっぱい咲いてます。   ・ ヘリコニアバリでよく見る花の一つですね。 大型の壺に活けたくなる花です。   ・ ブーゲンビリアブーゲンビリアと聞く度に”たまの歌(さよなら人類)”を思い出す。ブーゲンビリアの木の下で~♪僕はあの子を探すけどぉ~♪   ・ ソカアジサイみたいだけど、違うらしい。でも、アジサイの景色が懐かしくなるなぁ。   ・ アデニウムバリを代表する花の一つだそうです。  花の写真撮るの面白い。綺麗だし、枝っぷりのいいやつとか見つけるとちょっと嬉しい。構図とるにもちょっとアングル変えただけで、かなり表情が変わって面白い。 なんか…水中で魚の写真撮る感覚で、散歩しながら、植物の写真撮るのも、なかなか楽しめそうだなぁ。一応、わたくし生け花の講師免許取ったことあるくらいなんで、意外と見かけによらず、興味あったりするんで… 何にしても、この時期バリは、お花が綺麗ですよぉ~ってブログでした。...

ダイビングインストラクターの基本的な1日の生活リズムは、どういう感じかについて書きます。 下記は、現在働いているバリのダイブセンターでの基本的な一日です。05:30am 起床 06:00am 出勤 06:30am 必要器材と必要書類の準備 07:00am お客様をお出迎え+書類作成と器材のフィッティング 07:30am ダイブサイトに向けて移動 09:00am ダイビング1本目 11:00am ダイビング2本目 13:00pm ランチタイム 14:00pm ダイブセンター向けて移動 15:30pm ダイビングのログ付けとコーヒータイム 16:00pm お客様を見送り器材の片付け 16:30am 帰宅 17:00pm アフター5は、友達と食事に行ったり、トレーニングしたり、映画見たり、クラブに行ったり… 22:30pm 就寝   遅くなることは、ほとんどないのでアフター5の時間の使い方が、うまいと充実した毎日になります。ダイビング業界の朝は、早めだということはご理解いただきたい。お客様や生徒が来る前に基本的な準備を終わらせておく必要があるのでどうしても早くなります。日本ですとさらにお客様の送迎もインストラクターがする場合が多のではないでしょうか?海外では、専門のドライバーがいるので移動時間と朝夕の送迎は、しなくてよいことが多いです。上記は、あくまでも一例に過ぎないです。同じバリでも行くダイブサイトによって移動時間がさらにかかるところもあれば、短いところもありますのでそれに伴って帰宅時間が多少前後します。また、ダイブセンターによって、スタートの時間が違ったり、送迎に同行する、もしくは送迎をすることもありますので契約を交わす前に仕事内容を確認しておくといいですね。     仕事の環境としては、恵まれていると思うことが多いです。 ちなみに、僕が、日本でサラリーマンしているときは、朝5時に起きて5時半出勤しても帰宅は、12時前後でした。仕事以外外の時間は、睡眠時間のみ。それでも足りないから早く帰れるとしても睡眠時間でした。働く環境は、ダイビングインストラクターになってから、大きく変わりました。これは、僕にとってダイビングインストラクターであり続けたいと思う大きな一つとなっています。やはり、仕事、プライベート、睡眠時間は、バランスが取れていることは、大事な部分だと思います。と、いうわけで皆さんもこの世界に飛び込んでみませんか?  Written & Photo by Yoshi...

We work closely with you and carry out research to understand your needs and wishes.