こんにちは!よしです。 今回は、先日開催したオープンウォーター認定講習の4日間のコースをご紹介します。 このコースは事前学習等無しで、学科講習、プール実習そして海洋実習の全てをバリで行うものです。 このコース日程は時間に余裕がありますので、じっくり勉強&実習できますから一番おすすめのコースです。 講習カリキュラム 学科パート:全5セクション、潜水計画&学科試験 限定水域ダイブ(プール):水中能力評価&全5セクション 海洋実習:4ダイブ(一日のトレーニングダイブは最多で3本まで) 講習スケジュール (スケジュールは生徒ダイバーの進捗状況により変更する場合もあります) 1日目:学科講習(学科パート1~3&クイズ)&プール実習(限定水域ダイブ1~3) 2日目:学科講習(学科パート4~5、潜水計画、クイズ&最終学科試験)&プール実習(限定水域ダイブ4~5) 3日目:海洋実習(2ダイブ)トランベン、アメッドもしくはパダンバイ 4日目:海洋実習(2ダイブ)トランベン、アメッドもしくはパダンバイ 以上のような流れで講習します。それでは実際のコースを見ていきましょう!1教材(Text book)   こちらが教材です。わくわくしますね。スタンダードのコースでは、インストラクターが解説しながら進めますので、分からないところなどいつでも質問できますよ。2 水中能力評価 水泳(Water Assessment Swimming)   水中能力評価は2つありまして、一つ目は200m水泳もしくは300mスノーケル(マスク、スノーケル&足ひれ使用)です。3 水中能力評価 サバイバルフロート (Water Assessment Survival float)   もう一つは10分間サバイバルフロートです。写真の生徒さんのように水面にぷかぷか浮いているだけでOKです。 リラックスすると上手くいきます。プールはブルーシーズン・バリの敷地内にありますよ。4 器材セットアップ (Equipment set up)   いよいよ本格的に実習のスタートです!まずは器材のセットアップです。タンクのOリングと空気の臭いチェック、BCD付けて、レギュレーター付けてetc.、一つ一つゆっくりで構いませんから、着実に覚えていきましょうね。5 エントリー (Entry)   こちらはエントリーの練習風景です。海洋実習初日はパダンバイに行くことから、小型ボートからのエントリーを想定し、バックロール法を練習しています。水面に入った際、マスクとウエイトベルトがずれないようにしっかり押さえていますね。6 疲労ダイバー曳行 (Tired diver tow)   こちらは疲労ダイバーを岸まで運ぶ練習です。ダイビングはいつもバディ単位(複数人以上)で行いますから、このような練習もします。疲労ダイバー役には格好のインターン生です。彼は身長190cm以上ある大柄な体格ですが、しっかりと水面で浮力を確保しておけば女性でもらくらくと引っ張ることができるんですよ。7 クイズ&学科試験 (Quiz & Exam)   その後、水中でのたくさんのスキルも順調にこなしてプール実習は予定通り無事に修了できました! 学科講習も順調そのもの!今回の生徒さんは最終試験なんと49点獲得(50点満点)でした!すごいですね。8 猫 (Cat)  (おまけ) 学科講習中、クラスルームでは猫のマミィも見守って寝てましたzzz。9...

こんにちは、6月からブルーシーズン・バリのTEAM JAPANでお世話になっています、新米インストラクターの塙千明です。バリでインストラクターとして働き始めたのと同時に、バリでの人生初海外生活も始まり、毎日が発見と勉強の日々で、とても楽しいです。一人でも多くのお客様に、海の楽しさと大切さをわかって感じて頂きたいのは、もちろんのこと、ブルーシーズン・バリに来て頂いた日本人のお客様と、海外での不安や楽しみを、一緒に共感し共有できればといいなと思っております。ダイビングの事や海の事だけじゃなく、バリでの生活や疑問にもお答え出来るように頑張りますので、ご質問等あればじゃんじゃん聞いてください!!!名前:ちあき出身:千葉ダイビング歴:3年目好きなダイビング スタイル:ゆっくりドリフトor地形ダイビング元職場:雷門パラダイス好きな言葉:郷に入れば郷に従えInstagram:@ckickibuuuuuFacebook:Chiaki Hanawaどうぞ、よろしくお願い致します:)...

通常のエアのタンクで潜るよりエンリッチドエアのタンクで潜るとより深く潜れるって勘違いしてる人も多いでしょう。通称の空気と比べてナイトロックス・エンリッチドエアは酸素濃度が高く、レクリエーション・ダイビングでは21%から40%の酸素濃度です。じゃあ、なぜナイトロックス・エンリッチドエアを使うの?ナイトロックス・エンリッチドエアの利点を見てみましょう。

こんにちは!ナオコです。皆さんは、ボートダイビング行くときは、船酔いしますか?私は、かかりやすい体質です。船酔いを避けたいからと言ってビーチダイブや、波の少ないダイブサイトにしか行かない人は多いかもしれませんが、船酔い対策方法は色々あります!

新年あけましておめでとうございます。昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。昨年の大きな出来事と言えば、9/14よりアグン山が54年ぶりに活動を開始しだし、9/22にはレベル4までに達しましたが、10/29に一旦落ち着いたと思われたため、レベルも4から3に下がりましたが、再び11/27にレベルが4に戻り、現在もレベル4のままなのですが、お蔭様でありがたいことに、この年末年始も多くのお客様にお越しいただいております。 現在は、大きな噴火もなく水蒸気噴火を繰り返すのみで、比較的落ち着きを保っているため、このまま再び眠りについてくれることを祈るばかりです。しかし嫌な出来事ばかりではなく、8月9月のマンボウシーズンでは、かなりの高確率でマンボウとの遭遇のチャンスもあり、多くのお客様にマンボウとの最高なひとときを味わっていただけたかと思いいます。今年も昨年以上に遭遇確立が上がること皆様もごっしょに願って下さいませ。本年もスタッフ一同、皆様にご満足いただけるサービスを心がける所存でございますので、何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。ブルーシーズン・バリ 豊間 若葉...

こんにちは、TOMOKOです。皆様、お元気でしょうか? 私は元気です!・・・が、私の周りの物たちはあまり元気ではありません。。。ハイシーズン中に酷使した私の器材が一斉に壊れだし、さらには真夜中に私の部屋のシャワーが根元から吹き飛び、洪水になりかけるハプニングやトイレが流れなくなったりと器材だけではなく、最近は物を修理をする日々でございます。部屋のことはさておき、BCDやフィン、ウェットを修理したのでどんなものを使ったかをご紹介しまーす。

このブログを読んでいるということは、もう僕は…いない…これが最後のブログとなりました。これまで3年間お世話になりましたが、ブルーシーズン・バリを卒業しました。 今後、バリで潜ることあったとしたらその時はリフレッシュ受けないといかんかもですなぁ。海の次は、どこを潜りつくそうかまだ検討中ですが、バリで出会った皆様とまたどこかでご縁があると嬉しく思います。 本当にありがとうございました。 ...

ダイビングってスポーツ?って物議が時々あがるんです。でも、結局…その位置づけって、基本的には、皆それぞれの価値観の中で分類しているんじゃないでしょうか?ダイビングは、スポーツ!っていう人とダイビングは、趣味!っていう人がほとんどで、少数派の中には、ヒーリングとか、水中観光なんて考え方もありますね。ダイビングはスポーツか?っていうと…ダイビングって体を使うアクティビティーだけど、散歩するより運動カロリー使わないからねぇ。カロリー消費の理由は、水が冷たいからというのが主なようです。痩せるのは、海水に伴う体の水分消費(浸透圧で、塩分濃度が高い方に水分が移動する)。ちゃんと正しいダイビングをやっていればだけど…前に、ラジオだったかな?ダイビング一本で400キロカロリー消費するとか言ってたっけなぁ。魚!ぎょ!ぎょ!って思いましたよぉ。400キロカロリーって大体10キロ歩くのに相当する量ですよ。リラックスしたダイビングをしているならば、ちょっとカロリー使い過ぎなんじゃないかな?だから、僕の見解は、ダイビングは、スポーツと呼ぶには、難しいです。散歩は、スポーツ?って聞いているのと同じ感覚だと思うんです。  ダイビングは趣味って考え方なんだけど、これが一般的なんじゃないかな?ウォーキングの延長線的な感じで、景色を眺めながら散歩時々カメラって感じでにているとおもいます。自由に歩き回れる散歩みたいにダイビングもガイド無しでできれば一番なんだけどねぇ。事故と迷子の心配さえなければいいのにねぇ。そうすれば、ボートにダイブマスター少人数で間接監督。ダイビング料金も人件費が浮く安くなるんだけどなぁ。もっと、散歩みたいに気軽にできればいいのに…ちなみに僕にとってのダイビングは…仕事…...

バリの水中生物って巨大… 潜ったことがある人なら気が付いた人もいるんじゃないかな?他の海で見る同じ生き物と比べて全般的にサイズがデカイんです。特にその大きさの違いを認識できるのは、エンジェルフィッシュの仲間じゃないかな? エンジェルフィッシュって英語の名前で、日本語だと ヤッコ、キンチャクダイの仲間。その中でも大型の種類を紹介しますよぉ。   ロクセンヤッコバリでは、比較的によく見る大型ヤッコです。     サザナミヤッコバリでは、最も多いヤッコの仲間   幼魚の時は、こんな姿全然模様が違うんだよねぇ     タテジマキンチャクダイ太平洋バージョンで背鰭の先がとがっています。丸い奴は、メスのはずですが、インド洋バージョン混ざっているかもです。   幼魚の時は、こんな姿ダイバーに人気があるんだよぁ。     ワヌケヤッコバリでは、あまり見られないレア種です。     アデヤッコ名前の通りあでやかな魚です。     見ればわかるよ!1.5倍近くデカイからすぐわかるよ。バリの水は、栄養素が高いんだろうね。...

We work closely with you and carry out research to understand your needs and wishes.