ブルーシーズン・バリのご紹介

ブルーシーズン・バリは、2001年9月17日にPADIダイブリゾート(6570)として創業、スタッフ数もわずが7名でスタートし、当時は日本マーケットのみを対象としていましたが、2004年より欧米や日本以外のアジアのマーケットへも進出し、現在は世界各国からのダイバーのお客様にもご利用いただけるようになりました。そして2005年には世界最大級のダイビング団体PADIより「PADIゴールドパームIDC」に認定され、エントリーレベルからインストラクターの養成コースまで開催できるお店へと成長し、2009年8月にはPADIショップステータスの最高ランク「PADI5スター・キャリア・ディべロップメント・センター(CDC)」へ昇格し、PADIコースディレクターは現在3名常駐しており、年10回のIDC(インストラクター開発コース)を開催できるようになりました。もちろん日本語でも開催しています。

ブルーシーズン・バリ、オーナーの豊間若葉とマーク、そしてクリスは共にバリやその周辺のエリア、そして諸外国等で5000ダイブを越える幅広い経験とPADIシステムに基づいたダイバー教育を実施しており、ブルーシーズン・バリで働いている全てのインストラクター、ダイブマスターは毎年更新されるPADIメンバー資格を維持しており、世界規準のプロフェッショナル保険に加入しています。 ブルーシーズン・バリはインドネシア政府に100%外国資本の現地法人株式会社 PT. BALI OCEAN ADVENTUREとして登記され、政府のガイドラインに従いダイビングセンターとしても認可を受けています。企業として責任賠償保険にも加入しており、お客様全てにダイバー保険が適用されます。当社の欧米・日本人スタッフは全員インドネシア政府よりKITAS(就労ビザ)を取得しております。スクーバダイビングショップとしての私達のポリシーは、全てのお客様に楽しんで頂くだけでなく、安全とプロフェッショナルとしてのマナーを提供する事です。ブルーシーズン・バリの日本人、イギリス人そしてバリ人スタッフはお客様に最高のサービスを提供いたします。また、当社は大阪城のお膝元に姉妹店があり、こちらもPADI5スターIDCに登録されております。バリ島のダイビングのご予約やお問い合わせは、大阪店でも可能です。

会社名:
PT. BALI OCEAN ADVENTURE

代表者名:
豊間 若葉

所在地:
Jalan Danau Poso Gang. Wanasari 3B Sanur, Denpasar, Bali, Indonesia

電話番号:
62 361 270852

FAX:
62 361 270842

メールアドレス:
sales@baliocean.com

ホームページ:
http://www.baliocean.com/jp/

設立:
2001年9月17日

資本金:
US$ 100.000

事業内容:
①スクーバ・ダイビングの指導 ②スクーバ・ダイビング・ツアーの催行 ③PADIインストラクターの養成 ④ダイビング器材の販売 ⑤ホテルや観光ツアー、その他のアクティビティの手配

従業員数:
45名 (日本人従業員3名)

役員:
日本人2名 イギリス人3名インドネシア人1名

PADI アジア・パシフィック・メンバー・アワード 2010

2009年にはブルーシーズン・バリから274人のプロレベルのPADIダイバーが誕生しました。その実績をPADIに認められPADIアジアパシフィック・メンバーアワード 2010において、『インストラクター開発賞』『優秀ダイブセンター賞』の2つの部門を受賞しました。日本人オーナーのショップとしてはアマチュア、プロを含めたPADIダイバー認定数はもちろんバリ島No.1です!

ブルーシーズン・バリではエントリークラスからプロクラス、そしてPADIスペシャルティ・コースまで幅広く開催しています。2010年からはテクニカルダイビング・コースも開始されました。PADIから認められる実績、そして整った施設、日本人スタッフ管理下でメンテナンスされた器材、質の高い講習内容。これからダイビングをはじめようと思われる方から、本気でこれからプロを目指す方に是非ブルーシーズン・バリのコース参加をおすすめします。その違いを必ず体感出来ると思います。

アクアラング・パートナーセンター

ブルーシーズン・バリはバリ島でも3店舗しかないAquaLungパートナーセンターとして登録されています。

AquaLungパートナーセンターとは・・・

  • よくメンテナンスされた最新の器材をレンタル器材として用意しています。
  • 整備された検査済みのレンタル容器を用意しています。
  • AquaLungでの研修を受けた技術者がアクアラング器材のメンテナンスを行っています。
  • 親切で経験豊かなスタッフがあなたのダイビングをお手伝いします。

安全への取り組み

 ブルーシーズン・バリの講習、ダイブ・トリップには安全の為にファーストエイド・キッドと緊急酸素を常備しています。現在ブルーシーズン・バリには7人ものEFRイントラクター・トレーナーが常駐しておりダイブスタッフ全員最新の救急法トレーニングを受けています。

アクアラング・パートナーセンターとしてレンタル器材メンテナンスには細心の注意をはらっています。トレーニングを受けた器材専門スタッフが定期的にオーバーホール、保守点検を行っていますので安心してお使いいただけます。

現在2台のコンプレッサーを所有しており、100時間おきのエアフィルター交換など常に新鮮な空気を充填しています。またPADIガス・ブレンダーインストラクター・トレーナーも常駐しており、日本でも広まりつつあるエンリッチド・エア(ナイトロックス)充填も行っています。

環境保護への取り組み

世界中で温暖化が問題になり海水温上昇しています。海水温が上昇することにより海流の変化や塩分濃度の変化、酸素濃度の変化が起き、海の生態系の破壊をもたらします。珊瑚も共生する褐虫藻が減少して白化現象が起きてしまうのです。

バリ島の美しい珊瑚を守る為にブルーシーズン・バリは募金活動、水中清掃活動、珊瑚礁の保護プログラムに参加しており2009年にはブルーシーズン・バリの環境保護プログラムへの取り組みが評価され、PADIより表彰を受けました。今後もブルーシーズン・バリは環境保護活動に真剣に取り組んでいきます。

保険

ブルーシーズン・バリは、バリ島にある多くのダイブショップが加盟している保険会社 JASARAHARJA PUTERA (インドネシアの保険会社)のダイビング保険に加入しています。

  • 怪我:US$7,500
  • 死亡・後遺症:US$75,000
  • 救助:US$5,000
    =最高額=

65歳以上、5歳未満の方は保証対象外となりますので、ご自身で海外旅行保険等の保険にご加入して下さい。また、インドネシアの保険会社となりますので、決して補償額は高くはないです。ブルーシーズン・バリでは、すべてのお客様にも、各個人でダイバーズ保険やダイビング込みの海外旅行保険への加入をお勧めしております。

当店で働いている全てのインストラクター、ダイブマスターは有効なPADIメンバー資格を維持しており、世界規準のプロフェッショナル保険にも加入しています。

 

 

ブルーシーズン・バリは結束して企業目的を作り、それを達成出来るよう努力しています。

 

  • 全てのPADI ダイバー教育コースとファンダイブのサービスを、世界クラスのサービスを求めてくるお客様へ提供する。
  • 全てのお客様にPADI の最新の基準を用い、世界クラスのトレーニングを提供する。
  • 全てのダイビングで世界クラスのダイビングガイドのサービスを提供する。
  • 環境保護意識を高めるために、お客様とローカルコミュニティに教育プログラムを提案し、デイツアーにおいても地域環境保護を率先して実行する。
  • バリとインドネシアにある世界クラスのダイブサイトを、世界各国へプロモートする。
  • 最も重要なのは、お客様に楽しんでもらうことです!