こんにちは! ナオコです。先週、Tomokoさんとほかのインストラクターとインターン生達とApeksのレギュレーターのセミナーに行って来ました!レギュレーターのオーバーホールの仕方を学んできましたよ!2か月前に新品ピカピカ✨のApeks XTX200を買っちゃったんで自分の器材のメンテナンス出来るようにならなきゃ!っと思って行くことにしました。 

こんにちは、TOMOKOです。皆様、お元気でしょうか? 私は元気です!・・・が、私の周りの物たちはあまり元気ではありません。。。ハイシーズン中に酷使した私の器材が一斉に壊れだし、さらには真夜中に私の部屋のシャワーが根元から吹き飛び、洪水になりかけるハプニングやトイレが流れなくなったりと器材だけではなく、最近は物を修理をする日々でございます。部屋のことはさておき、BCDやフィン、ウェットを修理したのでどんなものを使ったかをご紹介しまーす。

皆様、こんにちは。TOMOKOです。バリ島はハイシーズンも落ち着き、今日はまった~りとブログを書いております。アグン山の騒ぎもありますが、南部リゾートはまったく平穏そのまま。何の変化もないので、私の中ではすっかり忘れてしまっているほどです・・・

こんにちは、TOMOKOです!
日本は涼しくなってきましたか?
バリ島は南半球なので、今は比較的涼しいのですが、1年を通して気温は30度前後あり、とても温かいです。
9月の連休はマンボウ・シーズン真っ只中のバリ島で、まだまだハイシーズンが続きます。
さて、今日はライセンスをお持ちでない方に向けてです。
というのも、先日ライセンスを取りに来られた方に「ダイビングをやろうと思う人と、やりたくない人に分かれる」「遊園地でジェットコースターに乗ろうと思わない人がいるのと一緒ですよ」と言われまして。。。
私としては、ジェットコースターの様な感覚ではなく、車でドライブすることやハイキングをすることに近いかなと思うのですが・・・

このブログを読んでいるということは、もう僕は…いない…これが最後のブログとなりました。これまで3年間お世話になりましたが、ブルーシーズン・バリを卒業しました。 今後、バリで潜ることあったとしたらその時はリフレッシュ受けないといかんかもですなぁ。海の次は、どこを潜りつくそうかまだ検討中ですが、バリで出会った皆様とまたどこかでご縁があると嬉しく思います。 本当にありがとうございました。 ...

ダイビングってスポーツ?って物議が時々あがるんです。でも、結局…その位置づけって、基本的には、皆それぞれの価値観の中で分類しているんじゃないでしょうか?ダイビングは、スポーツ!っていう人とダイビングは、趣味!っていう人がほとんどで、少数派の中には、ヒーリングとか、水中観光なんて考え方もありますね。ダイビングはスポーツか?っていうと…ダイビングって体を使うアクティビティーだけど、散歩するより運動カロリー使わないからねぇ。カロリー消費の理由は、水が冷たいからというのが主なようです。痩せるのは、海水に伴う体の水分消費(浸透圧で、塩分濃度が高い方に水分が移動する)。ちゃんと正しいダイビングをやっていればだけど…前に、ラジオだったかな?ダイビング一本で400キロカロリー消費するとか言ってたっけなぁ。魚!ぎょ!ぎょ!って思いましたよぉ。400キロカロリーって大体10キロ歩くのに相当する量ですよ。リラックスしたダイビングをしているならば、ちょっとカロリー使い過ぎなんじゃないかな?だから、僕の見解は、ダイビングは、スポーツと呼ぶには、難しいです。散歩は、スポーツ?って聞いているのと同じ感覚だと思うんです。  ダイビングは趣味って考え方なんだけど、これが一般的なんじゃないかな?ウォーキングの延長線的な感じで、景色を眺めながら散歩時々カメラって感じでにているとおもいます。自由に歩き回れる散歩みたいにダイビングもガイド無しでできれば一番なんだけどねぇ。事故と迷子の心配さえなければいいのにねぇ。そうすれば、ボートにダイブマスター少人数で間接監督。ダイビング料金も人件費が浮く安くなるんだけどなぁ。もっと、散歩みたいに気軽にできればいいのに…ちなみに僕にとってのダイビングは…仕事…...

バリの水中生物って巨大… 潜ったことがある人なら気が付いた人もいるんじゃないかな?他の海で見る同じ生き物と比べて全般的にサイズがデカイんです。特にその大きさの違いを認識できるのは、エンジェルフィッシュの仲間じゃないかな? エンジェルフィッシュって英語の名前で、日本語だと ヤッコ、キンチャクダイの仲間。その中でも大型の種類を紹介しますよぉ。   ロクセンヤッコバリでは、比較的によく見る大型ヤッコです。     サザナミヤッコバリでは、最も多いヤッコの仲間   幼魚の時は、こんな姿全然模様が違うんだよねぇ     タテジマキンチャクダイ太平洋バージョンで背鰭の先がとがっています。丸い奴は、メスのはずですが、インド洋バージョン混ざっているかもです。   幼魚の時は、こんな姿ダイバーに人気があるんだよぁ。     ワヌケヤッコバリでは、あまり見られないレア種です。     アデヤッコ名前の通りあでやかな魚です。     見ればわかるよ!1.5倍近くデカイからすぐわかるよ。バリの水は、栄養素が高いんだろうね。...

他のエリアからわざわざサヌールまで食べに来る人が大勢いるほど、サヌールのイタリアンは、有名でございます。中でも最も有名なのは、先日13周年を迎えたMassimo(マッシモ)ハイシーズンに当たる7月から10月は、予約無いしでいくとまず入れない。今回は、予約入れる時間もなかったので、別のイタリアンにトライしましょってことで、Torattoria(トラットリア)に行ってきました。このお店は、マッシモから歩いて3分くらいの所にあります。メニューは、少なめです。味は、控えめです。量は、ピザ大き目、パスタ普通盛くらいです。僕が個人的に好きなのは、ラザニアです。いつでもあるわけではないので、ある時は、必ず頼む一品です。3人で、ピザ一枚、パスタ、ラザニア、サラダ2品は、明らかに食べすぎでした。 でも、レストランの雰囲気も落ち着きがあって、みんなで囲む料理は、本当に楽しくて美味しくていい時間を過ごせました。...

ダイブセンターに行ったら高い器材かわされた… しつこく器材売りつけてくる…な~んて話を聞いたことある人いるんじゃないかなぁ。 こういううわさが、ダイビングに興味ある人の足を遠のかせてしまうんだよねぇ。 確かに、そういう書き込みがあるのも、そういうショップがあることも事実なんでしょう。でも、実際に器材を買うことは、、悪いことなんでしょうか? メリットは、多くあっても、デメリットは、あまりないんじゃないかな? リスト化してみようか。 デメリット ・ 結構お金かかる ・ 移動の荷物が増える&重い メリット フィン、マスク、スノーケル ・ 好みの色やデザインのものが使える ・ 度付きレンズを自分に合わせて選べる ・ 自分の筋力と体力にあったフィンを選べる ウェット ・ 自分の体にフィットしたものは温かい ・ デザインがかわいい、かっこいい ・ 使い慣れている器材の安心感 BC、レギュ ・ 器材への信頼性の高さ ・ 呼吸のしやすさや、BCの使いやすさ ・ 使い慣れている器材の安心感 などなど   また、統計によると、自分の器材を使っている人ほどダイビングを続けているようです。 器材を持っていると、使いたくなるという心理的な影響が働くからなんだそうです。 そもそも自分から買いたいっていう人は、やる気が違いますし、安全面の考え方が、自立しています。自分の身は、自分で守る だからそのために必要な器材を買って安全安心の度合いを高めるサーフィンやスノボぐらい人の目に留まることがあれば、ファッションとして購入する人が増えるはずなんですけどね。 ダイビングの器材は、機能性を求めた安心安全がメインで、ついでにちょっとオシャレなものって感じだよね。高い器材なら良いかと聞かれると、そうとは言い切れない。 良い器材を使っていてもメンテナンスをやっていなければ、不具合が発生することがありますからね。 レンタルの器材でもしっかりとメンテナンスをされている器材のほうが、安全ってこともあります。インストラクターやショップの店員が、器材をあれこれ進めるのは、利益のためだけでないってことだと思うんだ。 その器材をもって潜りに来てくれたらうれしいし、違いを理解して安全性や機能性にもっと興味を持ってほしいし、何よりもずっと信頼関係を続けていきたい。 そういう思いもあるんじゃないのかな?ずっと同じものを使っていると、愛着がわいてきて、見るといろんなこと思い出すようになるし、 やっぱりマイ器材っていいですよ!  ...

We work closely with you and carry out research to understand your needs and wishes.