ダイブマスター・インターンシップ

あなたがPADIダイビングインストラクターになるための最初のプロレベルのファースト・ステップが、PADIダイブマスターです。経験豊かな日本人PADIコースディレクター、PADIマスターインストラクターの近くでトレーニングをする事で、あなたのダイビングの知識の幅を広げ、スキルを磨きあげてプロフェッショナルレベルに仕上げます。

PADIダイブマスタートレーニングでは、ファンダイバーの水中活動を監督したり、アシスタントとしてインストラクターと共に生徒ダイバーを監督すると言うリーダーシップ能力を開発していきます。ダイブマスター・インターンシップ・プログラムは、単に資格を取ることを目標としたコースではなく、その先のダイビング業界で働くために必要なダイビングの知識、スキルを伸ばしていくプログラムです。

Blue Season Baliには世界中から年間約100名近くのダイブスター候補生が集まる環境です。PADI規準を厳守し最低4名以上のロールプレイ(模擬体験)実施コースを組み合わせたPADIダイブマスターコースを開催しております。

Blue Season BaliのPADI インターンシップには、コースを修了するためのPADI トレーニング教材と講習費が含まれています。また、空港送迎、宿泊費、無制限ダイビング、滞在期間中のダイバー保険などが含まれます。3つのメイン・プログラムの詳しい情報は、それぞれのダイブマスター・インターンシッププログラムのページをご覧ください。低料金で表示して教材費、講習費、宿泊費などを別途で請求するお店もあるようですが、我々のダイブマスターインターンシップコースには必要なものは明確にリストアップされ、料金に全て含まれていますので、ダイブマスターコースに関して表記された料金以外に追加料金を支払う必要はありません。

Blue Season Baliのダイブマスターコースの他社との大きな違いは、コースを指導するインストラクターレベルです。インターンシップマネージャーを中心に、マスターインストラクター、IDCスタッフインストラクターと、インストラクターレベルの高いスタッフが指導致します。スキルレベルはIDCレベルに仕上げていきます。本物のプロフェッショナルレベルのスキルや知識を身に付けたいなら、是非我々のプログラムに参加して下さい。

宿泊施設について

サヌールには沢山の宿泊施設があります。ダイブマスターインターンシップ生の宿泊施設には安全と利便性を考えています。当社では基準を設けてスタッフが現地調査を行い、全てをクリアしているサヌールエリアの宿泊施設とのみ契約しています。 日本人スタッフも近く住んでいるので急病などの緊急時にも住所なども把握しているので安心です。万が一宿泊施設でトラブルが起きた場合には、責任を持って我々が対処致します。ご自身で宿泊施設の手配も可能ですが、トラブルに巻き込まれた場合は我々は対処致しかねますのでご了承下さい。

  • 二名一部屋(シングルルーム変更可)
  • エアコン
  • お湯シャワー
  • ドライヤー、石けん、シャンプー、バスタオルなどはございません。

PADI ダイブマスター・インターンシップ・プログラム紹介

ブルーシーズン・バリのダイブマスター・コース&インターンシップでは、あなたがPADI ダイブマスターとしてダイビング業界で働くための計画や予算に合ったプログラムを選べるように、3つのオプションが用意されています。それぞれのプログラムは以下の通りです:

1ヶ月プログラム

バリ島にて1ヶ月間の滞在で、PADIダイブマスター・インターンシップに参加しませんか? – このパッケージは、ダイビングの専門的な知識やキャリアをスタートするのに最適なプログラムです…[続きはこちら]

2ヶ月プログラム

ブルーシーズン・バリの2ヶ月PADIダイブマスター・インターンシップにサインアップして無料で5つのPADIスペシャルティ・ダイバーコースと、美しいアメッドの海で、AIDI1*フリーダイビングコースの特典がついています。…[続きはこちら]

4ヶ月プログラム

ブルーシーズン・バリにて、4ヶ月間のPADIダイブマスター・インターンシップに参加しましょう。特典として、セミナー、ワークショップ、無料で5つのPADIスペシャルティ・ダイバーコース、Aqulaungダイビング器材セットなど、特典が満載の派プログラムです。…[続きはこちら]

必要条件
PADIダイブマスターコースの場合:

PADI プレダイブ・セーフティ・チェック (BWRAF)

水面での浮力チェック

レギュレーターリカバリーとクリアー

フリーフローレギュレーターからの呼吸

水中でのマスクなし移動

水面でスクーバユニットの脱着

水面でスクーバユニットの脱着

ディープウォーターエントリー

マスク脱着とクリア

フィンピポットによる中性浮力 (パワーとオーラル)

コントロールされた緊急スイミングアセント

バディブリージングとスイミング

実用的な応用

スノーケル/レギュレーター交換

水面での浮力チェック

ファイブステップ潜降

エア切れの練習とバックアップ空気源の使用

ファイブポイント浮上

30秒間のホーバリング

水中でスクーバユニットの脱着

水中でのウエイトシステム脱着

知識の開発

1.PADIダイブマスターの役割と資質 2.認定ダイバーの監督 3.生徒ダイバーのアシスト 4.ダイバーの安全とリスク・マネージメント 5.ダイブマスターが実施できるプログラム 6.特殊スキルと活動 7.ダイビングビジネスとキャリア 8.ダイビング環境への意識 9.潜水理論の復習 10.ファイナルエグザム(Part1&2)

水中スキル開発

水中スキル実習 400m水泳 15分立ち泳ぎ 800mスノーケルスイム 100m疲労ダイバー曳航 器材交換 ダイバーレスキュー ・限定もしくは海洋で実施 ダイブスキル・ワークショップ ・24スキルのデモンストレーションレベルへの開発と評価(スキンダイビングスキルも含む)

実践応用

実践スキル ダイビングポイントでのセッティングと管理 水中地図の作成 ブリーフィング サーチ&リカバリーのシナリオ(SP資格保有者クレジット可) ディープダイビングのシナリオ(SP資格保有者クレジット可) ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップ 限定水域でのスクーバ・リビュー スキン・ダイバー・コースとスノーケリングの監督 限定水域でのディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラム ディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラムの追加のオープンウォーター・ダイブ オープンウォーターでのディスカバー・ローカル・ダイビング 実践評価 限定水域でのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒 オープンウォーターでのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒 オープンウォーターでの継続教育生徒ダイバー オープンウォーターでの認定ダイバー プロフェッショナリズム評価

トレーニング期間中に、少なくとも1回、完全なPADIオープンウォーターダイバーコースにアシスタントとして担当します。また、アドバンスドオープンウォーターやレスキューダイバーのような、PADI継続教育にも、少なくとも1回、担当します。ブルーシーズン・バリでは、OW、AOW、EFR、レスキュー、そしてその他コースに、少なくとも1回、アシスタントとして担当していただきたいと考えています。皆さんがPADIインストラクターを将来的に目指すのであれば、この経験は非常に価値のあるものとなるでしょう。

皆さんは、ブルーシーズン・バリのダイブマスター・トレーニング中に、適切なダイブサイトマップを作成する方法を学習します。質の高いダイビングマップを作成するために必要なスキルと知識を提供いたします。

トレーニングの終盤あたりでは、バディ同士ですべてのダイビング器材の交換というスキルを行ってもらいます。このスキルでは、ストレス無く落ち着いて水中の中で対応できるかなどを判定します。

こちらもダイブマスター・コースの終わりに向かって、皆さんに割り当てられたプログラムを担当し、そして実行してもらいます。このプログラムは、認定されたPADIダイブマスターによって開催する事の出来る項目のいずれかになります。

ダイブマスターとしての準備が整ったら、ダイビングトリップへ認定ダイバーのガイドを行っていただきます。あなたは実際の仕事で付いたのと同様に、ダイビングサイトを案内してもらいます。だた最初は、この認定ダイバーは、おそらくあなたの仲間のインターンシップ生なると思います。しかし、実際のお客様の認定ダイバーを案内しているように案内してください。ダイブマスターの実際の仕事の大部分は、ガイドなのです。

PADIダイブマスターになるとできること

◆PADIダイブセンターやリゾート、ダイブ・ボートのスタッフとして働くことができる。
◆PADIインストラクターと一緒にお客様のアシストができる。
◆PADIスキンダイバーコースを単独で実施し、認定ができる。
◆PADIディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できる。
◆認定オープン・ウォーター・ダイバー以上の認定ダイバーのPADIスクーバ・リビュー・プログラムを実施できる。
◆PADIディスカバー・ローカル・ダイブ・エクスペリエンス・プログラムを実施できる。
◆エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンスコースを実施できる。
◆PADIディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダーの資格がある場合は、単独でプールもしくは限定水域でディスカバー・スクーバ・ダイビングを実施できる。

コース参加の条件

1.PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、または、それに相当する資格を有していること。
2.PADIレスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格を有すること。
3.過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケア・トレーニング、またはそれに準ずるものを修了していること。
4.ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12カ月以内)
5.ログブックに最小限40回のダイブが完了していること。
6.18歳以上であること。

今日からダイブマスター・インターンシップコースに参加しましょう!
料金に含まれるもの
空港送迎
ダイブセンターの近くにある宿泊施設(同性相部屋利用)
ダイビング
PADI申請費用
PADI教材
フリーWifi
ダイビング器材レンタル(BCD、レギュレーター、ウェットスーツ、タンクとウェイト)
ダイビング保険(海外旅行障害保険を個人で加入される事をお勧めします。)
コース中のランチ、ミネラルウォーター、ビーチタオル
※詳しい情報は、それぞれのプログラムでご確認ください。
ワークショップやセミナー
お選びいただくプログラムによって違いますが、各プログラムには特別セミナーやワークショップなどの特典があります。
カスタマー・サービス
器材のセールスやメンテナンス
コンプレッシャーの使用方法
AWARE クリーンナップの構成
履歴書の作成方法
※これらは、ちょうどあなたが受け取ることができるほんの一部です。
プロフェッショナル・チーム

ブルーシーズン・バリでのプロコースを担当するインストラクター陣は、コースディレクターのリチャードを筆頭に、マスターインストラクターの小野が皆様のプロへの道へのお手伝いを致します。彼ら以外にも、ブルーシーズン・バリでは多くの経験豊富なインストラクターが常駐しているので、きっと皆様がすばらしいインストラクターへなる為のアシストを致します。

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

内容

captcha

改めて担当者よりご連絡をさせていただきますが、もし24時間以内に返信がない場合は、
大変お手数ではございますが sales@baliocean.comまでご連絡ください。

ダイブマスター・インターンシップコース
に参加する準備は出来ましたか ?