26 4月

エンリッチドエア・ナイトロックス・コース

通常のエアのタンクで潜るよりエンリッチドエアのタンクで潜るとより深く潜れるって勘違いしてる人も多いでしょう。

通称の空気と比べてナイトロックス・エンリッチドエアは酸素濃度が高く、レクリエーション・ダイビングでは21%から40%の酸素濃度です。

じゃあ、なぜナイトロックス・エンリッチドエアを使うの?

ナイトロックス・エンリッチドエアの利点を見てみましょう。

  1. 通常の空気を使用するより長く潜れる?

はい!これは、正解です。普通の空気より長く潜れます!簡単に言うと普通の空気より窒素が少ないため減圧不要限界が長くなる。

窒素が少ない = 潜水時間が長くなる

  1. 水面休息時間が短くなる?

1日に複数のダイビングをする場合、空気と比べるとナイトロックス・エンリッチドエアを使用すると、窒素を吸収する量が少ないので残留窒素という反復潜水時間を短くするものが少ないからです。

吸う窒素が少ない = 窒素負荷が少なくなる = 水面休息時間が短くなる

  1. 減圧症になるリスクが減少される?

タンク内の酸素の割合が高いため、窒素の吸収が低くくなり、減圧症になるリスクは減少されます。ちゃんとダイブコンピューターをナイトロックスに設定し、指示に従って潜りましょう。

 

こう言った利点いくつかがありますが、ナイトロックスではより深く潜れません!勘違いしてる人が多いです!

酸素を高圧で使用すると有毒になる事があります。酸素濃度が高いほど、より浅いダイビングをしなくてはなりません。ディープダイブをする際は、普通の空気を使った方がいいでしょう。

ナイトロックス・エンリッチドエアを使用してダイビングするには、Padi Enriched Air Diver のスペシャリティーコースを受ける必要があります。このコースでは、まずナイトロックスでのダイビング理論を学びます。酸素曝露(露出)の管理方法、エンリッチド・エア器材で考慮すべき事などの事を学びます。
このスペシャリティーは、ダイビングは必要ありません。すての知識の復習とテストと実技が終われば、PADIエンリッチドエアダイバーです。

Padi Enriched Air Diverのスペシャリティーコースは、半日で出来るので時間があまりない!って言う人でも出来ちゃいます。

スペシャルオファーで下記のようなパッケージもあります。

ナイトロックス・スペシャルティ&ファンダイビングパッケージ

アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー&ナイトロックスSPコース

是非、バリにお越しの際は、エンリッチドエアダイバーになりませんか?

Related Posts

Post A Comment

マンボウ狙いツアー

バリ島の南東に位置する島「ペニダ・レンボガン・チュニンガン」周辺には、乾季の季節になると巨大マンボウが 現れることで有名です。大きい時で4m、通常で2m前後のサイズのマンボウが現れるのですが、マンボウが現れた瞬間はとても大興奮するひとときです。ただ、この時期の水温は非常に低く、25℃以下がほとんどで、時には18℃という時もあります。なので保温対策はしっかりしておくのがおすすめ!マンボウが 出てくれればその寒さも興奮のあまり感じませんが、マンボウがなかなか現れてくれない時などは、ほんと寒くて大変な事が多いですのでご注意を。

とにかくこのマンボウ、7月~10月中旬に多く現れますが、毎年のデータに基づき、当社では“もっとも遭遇する確率の高い日”というのを予想しております。タイムリーな情報を入手されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

水中ビデオ撮影サービス

水中ビデオ撮影のサービスが始まりました。マンボウとのダイビングを旅の思い出に一枚いかがですか?
グループDVD US$85/1枚(12-15分)
その日ダイビングされるグループでの撮影になります。
プライベート HALF DAY US$300/1枚(15-20分)
あなたとお友達を半日プライベート撮影致します。
プライベート FULL DAY US$500/1枚(35-40分)
ダイビングトリップ一日をあなたに密着して撮影致します。

マンボウ狙いヌサペニダ 参加前条件

参加条件:

  • AOW(アドヴァンスオープンウォーターダイバー)以上
  • 経験本数50本以上
  • 最終ダイビング日より半年以内
  • ディープ&ドリフトダイブ経験者
  • フリー潜降出来る方
  • ダイビングコンピュータ必須(レンタル可 IDR 200)

 

上記の参加条件は安全の為とマンボウとの遭遇確率を高める為の条件ですので、ご理解頂きますようお願い致します。また、上記の条件にあてはまらないお客様でも、 グループ分けをいたしまして、レベルに合ったコンディションでマンボウを狙って頂く事も可能ですので、ご遠慮なくお気軽にお問い合わせ下さい。

マンボウ狙いに参加するにあたって
お守りいただきたいこと

 

ブルーシーズン・バリでは、マンボウ狙いのダイビングだけではなく、すべてのファンダイビングのツアーにご参加いただくお客様へ、下記の声明文にご署名いただいております。毎年バリ島で、マンボウやマンタが確実に見れるようと環境への配慮のルールですので、どうかご理解いただければと思います。

 

水中環境に対する声明文(ENVIRONMENT STATEMENT)
私たちはマンボウ、マンタのような大型の魚をはじめとする、すべての水中生物を保護するために、ダイバーの皆様にはダイビング中、以下のルールを守っていただきたいと思います。

 

• 常にゆっくり近づくこと – もしあなたが急に近づくと水中生物は怖がって逃げてしまいます。その結果、他の人も見る事が出来なくなります。
• 近づき過ぎず、距離をとること – 近づき過ぎると水中生物は怖がって逃げてしまいます。
• 呼吸と動作に気をつけること– 呼吸と動作をゆっくり行うことで、水中生物に警戒心を抱かせないで長い時間観察することが出来ます。
• 水中生物を追いかけないこと – 水中生物がリラックスしていれば長い時間、観察する事が出来ます。
• 水中生物に触らないこと!!
• 水中カメラのストロボを使用するときは、強い光で水中生物を怖がらせて逃がさないようにすること – 他のダイバー達も水中生物を見たいと思っていることを忘れないでください。

 

これらの簡単なルールを守ることで、すべてのダイバーが素晴らしい水中生物の観察時間を、長く取れるようになります。もしこれらのルールを著しく乱すダイバーがいた場合、私たちは以降のダイビングを拒否させていただく場合があります。その際には、返金等は一切致しません。

お問い合わせフォーム
[contact-form-7 id="20678" title="New Contact Form"]

マンボウ狙いの準備ができているのであれば、
宿泊も付いたパッケージツアーもご参考にして下さい。