06 12月

ダイブサイト – ヌサペニダ

皆様こんにちは、Tomokoです。
今日はバリ島のダイブサイト、ヌサペニダについて書こうと思います。

ヌサペニダのヌサとはバリ語で島という意味。なのでヌサペニダはペニダ島という意味なんですね~。ご存知でしたか?
また、ヌサペニダ周辺にはペニダの他にあと2つ、ヌサ・レンボンガンとヌサ・チュニガンという島があります。

レンボンガン島は最近日本でも有名ですよね。弊社でもシュノーケリングのツアーで申し込みが多数あったりします。

bo2

ブルーシーズン・バリがあるサヌールからヌサペニダ周辺まではスピードボートで40分くらいで到着!ヌサペニダ・ツアーではペニダ島やレンボンガン島の周りで3ダイブします。

せっかくバリ島に来たのでダイビングしたいけど、一緒に来てる人が・・・なんて場合でも、シュノーケリングでもヌサペニダツアーあるのでご一緒のボートで過ごす事ができますので、お連れ様がダイバーで無い場合でも大丈夫です!

 

ダイブサイトは、その日の海峡によって選りすぐりのダイブサイトへお連れしていますよ。

14100394_1018901938224840_1128138690224093112_n
人気なのはマンタポイントやクリスタルベイでしょうか。
クリスタルベイはマンボウが現れることで有名です。
その年によって多少変わりますが7月終わり頃から10月頃までがシーズンです。

3m程もある巨体がハタタテダイに気持ち良さそうにクリーニングされながらホバリングしている姿は圧巻ですよ。

サンゴもきれいで透明度も高く、実は何気にニチリンダテハゼやクマドリカエルアンコウなんかも居たりします。

 

マンタポイントは年中70-80%の確立でマンタが観れます。中にはお腹側も黒いブラック・マンタもいるので運がよければ会えるかも!多いときには20枚以上のマンタたちが一度に観れることもあり、優雅に泳ぐ姿に見とれてしまいます。

ただ、マンタ・ポイントは基本的に波が高い場所ですので、海峡的に行けない場合もあります。
水面で波が立っていると、水中もサージといって中揺れがあり、ゆらゆら揺れるので岩とかにぶつからない様に注意が必要です☆

%e3%83%8f%e3%83%8a%e3%83%80%e3%82%a4%ef%bc%92

北側のダイブサイトは基本的に流れに乗っていくドリフトダイブとなり、少なくともツアーの3本中1本はドリフトになります。

サンゴに群れるハナダイ達の上をスーパーマンのように通りこすのは気分爽快!

 

 

かなりダイナミックなダイビングができますが、ヌサペニダ周辺は予測できない突然の流れが来ることもある為、
ブルーシーズン・バリでは基本的にヌサペニダへは経験本数30本以上、1年以内にダイビングをされている方をお連れしております。

%e3%83%a8%e3%82%b9%e3%82%b8%e3%83%95%e3%82%a8%e3%83%80%e3%82%a4

また、マンボウ・シーズンは水温は17℃前後まで下がるので、ご自身のフルスーツやフードベストがあると◎

全体的に上級者向けの激しいダイブサイトとなっておりますので、
経験の少ない初心者の方や、ま~ったりとダイビングしたい方、脚力が弱い方などにも向いていませんが、
ドリフト・ダイビングやスポーツ要素の強いダイビングが好きな方にはもってこいの場所です。

尚、ブルーシーズン・バリでAOW講習2日目(AOWは予約状況によります)やドリフト・スペシャルティ講習を受けられると少人数制でインストラクターと一緒にヌサペニダにてダイビングできますよ!

ぜひぜひ、マンボウやマンタに会いに来てくださいね♪

Tomoko Akashi
PADI #263099
tomoko@blueseasonbali.com

Related Posts

Post A Comment