15 5月

どうやって深海への恐怖が克服でき、ダイビングを試す方法

一部の人にとって、深海に対す恐怖は簡単に向き合うことができるわけではありません。なぜと言うとその恐怖さと言うものは人々によってが違うものだからです。私たちブルーシーズン・バリは、全てのお客様に対して初めてダイビングを試すときに、誰もが自分の恐れと懸念を持っていることを理解しています。

恐怖と不安は人間であることの自然な側面です。 恐れと不安は、リスクと不確実性に満ちた世界で私たちが生き残り、繁栄するのに役立つので、恥しいことはありません。

ただし、恐怖と言うものは人に弱くさせます。 そのせいで自分自身の成長や発展を制限される可能性があります。 この文章を読んでいるあなたは、既にその恐怖感を克服する覚悟をし、大胆な第一ステップを踏み出した示しです。

実は特定の恐怖対象に対して考え方を変えるだけで、簡単に戦い勝ことができますよ。

とても簡単ですので、一緒に見てみましょう。

 

自分の予想を管理するから始まりましょう。

自分の予想を管理するから始まりましょう。

 

予想を管理することは、困難な状況を克服するために、一番シンプルで、強力な方法です。

実際は、自分が危険な行動に巻き込まれることを避けるために毎日行っています。 これは、人間が自分を保護するための予防策です。

ただし、期待は必ずしも現実から生じるものではなく、自分の経験によって作られたものもあるのが注意してほしいです。

深海への恐怖は、考え過ぎる結果です。では、次の考えがあるのかどうかを見てみましょう。

  • 足がプールや海の底につかない場合、頭を水面に維持することができなかったら、自分が溺れてしまうこと。
  • ブイや救命胴衣を着て海面に浮くことができますが、もし流れがあるとしたらどこかに流されてしまうこと。
  • 持っている浮き具に手を離すと、すぐ水中に沈んでしまうこと。
  • 足がけいれんを起こすと、適切に泳いぐことができず、溺れるかもしれません。

私たちブルーシーズン・バリは責任あるPADI CDC最高レベルのダイビングセンターとして、これらの状況を発生する可能性を否定しません。

しかし、それらの状況はダイバーが適切に訓練や事前準備しない場合にのみ起こり得る最悪のシナリオと思っています。

ダイビングは確かに危険性がゼロとは言えませんが、例え他の活動も(車の運転、旅行、または飛行機の搭乗)同じようなリスクもあります。これらの活動を実行するとき、なぜ私たちは大きな恐れを抱かないのですか。

それは人生経験、知識、常識、自分自身や他者への自信などの要因により、リスクに対する懸念が軽減されたのです。

 

深い水についてのより有用な予想は何ですか?

  1. ダイビングインストラクターやダイビングバディなど、信頼できるダイビングセンターであれば、深海でのダイビングはとても安全です。 ダイビングインストラクターの仕事は、全員を安全に保ち、ダイビングセッションに来られた全てのお客様が楽しくて美しい水中世界を体験できるようにすることです。
  2. すべての問題には解決策があります。 ダイビングの科学技術は何十年にもわたって進化しています。 最初のダイバーが登場して以来、機器のデザインは大きく変化しました。
  3. 実に、人間は海に浮かぶこと! 海水は塩分が多いため、トレーニングプールよりも密度が高くなっています。 つまり、水中でそれほど苦労しない限り、楽に浮くことができます。
  4. いつも予備を持つ。 すべての標準的なダイビング器材には、1つが故障した場合に備えて2つのレギュレーターが付属しています。 1人のバディとダイビングする場合(そしてする必要があります)、両方に合計2つのスペアがあります。 同時にすべてのレギュレータが誤動作する可能性は非常に低いです。 では例え2人のバディ、3人のバディ、4人のバディとダイビングしたら?それを想像してみてください。
  5. フィンを使用する上、適切なダイビングサイトを選ぶことであれば海の力と対抗できます。 最も人気のあるダイビングサイトでは、潮流がほとんどありません。 フィンは必要に応じて海流に逆らって泳ぐのに役立つため、優れた器材です。
  6. 海に生活している生き物は脅威ではありません。 ダイビングインストラクターが、さまざまな動物に遭遇したときに何を期待できるか、そして何をすべきかを教えてくれます。
  7. 水中でもコミュニケーションできます。 インストラクターは水中で使用するためのさまざまな学習しやすいハンドシグナルを教えます。

 

何か新しいことを学んだら、その知識を適用するため、視覚化してください

視覚化はおそらく人間に特有のものです。 それで今後の経験の「のぞき見」をすることができます。

最もポジティブな視覚化(強く現実に基づく)はこれです:

水中にダイビングインストラクターや親しい友人はいつでもあなたが助けを必要とする場合に備えてあなたを見守っています。ブイと救命胴衣を信頼して浮かぶようにします。シュノーケルとダイビング器材を備えているので、水中にいても空気の提供をし続けまう。

水中で呼吸することを学んだら、新鮮な空気を取り入れ、水中で泡を吹いている自分を想像してください。 マウスピースからゆっくりと穏やかに呼吸しながら、水中瞑想をしている自分も想像してみましょう。

ここまで読んでいたあなたはまだトレーニングを経験していないため、現時点で以上のようなことを視覚化するのが難しいかもしれません。

 

さあ、ダイビングコースの学習を準備はできていますか?

diving bali

スキューバダイビングを体験したいですが、時間的に4日間をかかるオープンウォーターコースを受けるのは難しい方にとって如何すべきか?問題ありません!その場合はPADI Discover Scuba Diving(体験ダイビング)コースを選ぶことができます。これは、ダイビングがどのようなものかを感じることができる1日コースです。 ブルーシーズン・バリ(Blue Season Bali)の認定PADI IDCインストラクターが、水中の旅をご案内します。 私たちは、すべてのレベルのスキューバダイビングの詳細を知っている専門チームを持っています。 ダイビングアドベンチャーを確実に手に入れるために、ご安心ください。 ブルーシーズン・バリにご連絡ください!

Related Posts

Post A Comment