15 7月

バリ島でのダイビング!環境にやさしいダイビングで注意したい点!

nusa_penida_bali

バリ島でのはじめてのダイビング。

海外でのダイビングなのでいろいろ不安なことも多いはず。

バリ島だからといて特別に禁止されている事はないが、世界中からダイバーが集まる島なので、日本では注意されなかったことでも、バリ島では注意されることってあると思うので、ご紹介していきます。

  1. エコダイブにチャレンジ!
  2. 中性浮力は必須!
  3.  神々の住む島バリ島でのダイビング!

 

1.エコダイブにチャンレジ!

エコダイブってご存知ですか?自然保護への配慮を行い、水中に与えるダメージを最小限にするダイビングなのですが、日本のダイバーさんは、ダイビンググローブを装着してダイビングされる方って多いですよね。

よって日本のダイビングサービスでもレンタルしてくれるショップさん、結構あると思います。

しかし、バリ島ではありません。

どうしてダイビンググローブって必要ですか?寒いから?手を怪我するのが怖いから?

理由はさまざまだと思います。

しかしバリ島で寒さを理由に装着する必要はありませんよね。

環境問題にうるさい欧米人ダイバーさんは、グローブを着用してサンゴや岩、時には海洋生物を気にせず触る日本人ダイバーさんを白い目で見ていますよ。

 

2.中性浮力は必須!

ダイビングといえば中性浮力。

Cカード取得の時から担当インストラクターさんから何度も耳にしてきたかと。

バリ島に限らずどこの海でも中性浮力は必須ですが、バリ島のポイントには、一面のサンゴ礁といったポイントも多いので、もし中性浮力がちゃんと取れないと、あなたがダイビングすることにより、多くの環境破壊となってしまいます。

そんなこと誰だってしなくないですよね。

砂地だからといって安易に着低するのも考え物です。

砂の中にいた水中生物の上に着低って事もあるかもです。

ダイビングは無重力を体感するリラクゼーションです。がんばって中性浮力を取って、サンゴ礁の上の浮遊を楽しんでみましょう!

 

3.神々の住む島バリ島でのダイビング!

バリ島は神々の住む島とも言われ、バリ島各地にバリ・ヒンドゥーの寺院が点在しており、多くの人々もバリ・ヒンドゥーを信仰しています。

暦も特別な暦があり、各宗教行事はその暦を元に日程が決まります。

毎年3月から4月頃にあるバリ島の新年ニュピは有名なのですが、実は海のニュピもありまして、ニュピ・ラウットと呼ばれています。

毎年9月から10月頃にあり、この日はクルンクン県のペニダ、レンボンガン、チユニンガン島周辺では、海での活動がすべて禁止されているので、この日はこの3島周辺でのダイビングは、お休みとなります。

いかがでしたでしょうか?

バリ島でのダイビングで注意したい点をご紹介してきましたが、海を愛するダイバーなので、もっと海にやさしくなって、神々の住むバリ島の海を楽しんで頂けるとうれしいです。

ブルーシーズン・バリでは、皆様のお越しをお待ちしております。

Related Posts

Post A Comment