31 7月

ダイブマスターコース

ダイブマスターになるまでに、
●オープンウォーターダイバー
●アドバンスドオープンウォーターダイバー
●EFR&レスキュー
の認定が必要です。

ダイブマスター認定条件で時間がかかるところは、
60本のダイビング経験本数が認定までに必要だということです。

 

 

最短のダイブマスターコース

日本でよく見るダイブマスターコースは、最短コース。
1週間前後もしくは、週末数回に分けて行っているようです。
プロとして働くつもりは無いけれど、ダイブマスターの認定が欲しいいというダイバーには、嬉しいコースですね。
しかし、インストラクターになることを考えている人には、お勧めできません。
こういった経緯でダイブマスターになった人は、インストラクターコースを受けると、スキルレベルが低いのでかなり苦労することになりますし、インストラクターになってからもかなり苦労すると思います。

また、参加前条件を確認してみてください。
始めに記載した参加前条件に加え、
ダイビング経験60本以上、ディープとサーチ&リカバリーのスペシャルティ認定が必要だと思います。

参考: すでに最短コースでダイブマスターになった人が、インストラクターになることを考えているのであれば、インストラクター開発コースを受講する前に、ダイブマスター・エクスペリエンス・プログラムに1~2か月参加して経験を積むことで足りないスキルを補い、インストラクターになるための準備が整うと思います。

 

 

ダイブマスターコース・インターンシップ

 

 

ダイブマスターコースは、経験を多く積むことができる最大のチャンスです。
この経験の有無は、その後プロとして大きな差を生みます。
しかもインストラクターに聞くと、
ダイブマスタートレーニングのインターンシップが、ダイビングライフの中で最も刺激的で、最も楽しかったという人がほとんどです。

僕にとってもダイブマスターコースのインターンをしている間が、一番楽しかった…
毎日ダイビングして、アフターダイブや休みの日は、他のダイブマスター候補生と遊びに行って…
毎日が充実していて、毎日新しいことがあって、毎日みんなと楽しく笑ってた。
懐かしい…
戻れるものならもう一度戻りたい…
学生の頃は楽しかった…それと同じ感じです。

講習を多く行っているダイブセンターでトレーニングをすれば、より多くの経験を積む機会が得られます。 先にプロダイバーになったインターン生の話を聞くこともできます。
コースディレクターが常駐するダイブセンターであれば、しっかりとしたトレーニングシステムと、プロとして経験に元ずく適切な助言を得ることができます。
相談ができる、アドバイスがもらえる環境が、いつでもあるというのは、大きなメリットになるはずです。

良い経験を多く重ねることで、その後の活動へ大きな影響を受けます。
プロとして働くうえで最も重要なことは、危機管理能力です。
僕も常に気を付けています。
安全を守るために最も重要なこのスキルは、頭でわかっているだけでは、対応できない部分です。
何度も経験を重ね、事故が起こる前に予測し、準備と行動がおこせるようにトレーニングしてください。

 

Related Posts

Post A Comment